深夜のPSVRホラーゲーマー

趣味でPSVRのホラーゲーム紹介 VRホラーが怖くて遊べない人のための実況等をします。 更新はツイッターで告知しますのでフォローしていただくといろいろ楽です。

期待のPSVRホラー”Allison Road”紹介「アリソンロード」(アリソン道)

f:id:themidnighthorrorgamer:20170312221553j:plain

*3月13日 動画をより長いものに差し替え、怖いシーン付になりました。いろいろ更新しました。

新しい情報が数か月に渡り全く出ていないので心配です。

 

「Allison Road」アリソンロード

今更の紹介となりますが、期待のPSVRホラーゲームを語るには無視できない作品です。ホラーゲームに興味のある方なら何度も聞いたことがあるでしょう。

しばらく出なさそうなので、類似のゲームに以下のものがあるのでご紹介しております

psvr-horror.hateblo.jp

psvr-horror.hateblo.jp

 

 

 

Steamのキックスターターで告知され注目を浴びるも、昨年6月に開発中止がアナウンスされ、同年8月に開発再開のアナウンスと、目まぐるしく状況が変わっている作品で、ホラーゲーム界ではかなりの話題となっております。

それだけ期待されているということですが、それもそのはず。かのメタルギアで有名な小島プロダクション、2014年の8月14日にリリースした、サイレントヒルの予告向けに制作した伝説のホラー世界中のホラーゲーマーにリスペクトされている「P.T.」の精神的後継を目指して作られていると明言されたゲームだからです。

「P.T.」の詳細は以下のウィキからご覧いただければよく分かります。

P.T. (ホラーゲーム) - Wikipedia

存知の通り、「P.T.」は「サイレントヒル」と伴に、プロジェクトが開発元のコナミによって破棄されてしまったため、世界中のホラーゲーマーの怒りと悲しみを買いました。

そのゲーマーの怒りと悲しみの怨念が生んだ作品がこの「Allison Road」なのです。

怨念で生まれたゲーム・・・ホラーゲームとしてはこれ以上の出自はないでしょう。

 当初はVR対応とはアナウンスされていなかった(はず)ものの、筆者は非VRホラーであっても、ずっと注目しておりました。

それが今、VRに対応、しかもPSVRでのリリースされる予定であるということで、興奮を抑えられません。今や、「Allison Road」は世界中のホラーゲーマーの垂涎の的となっております。

外人に言わせると、「P.T.」の半分でも怖ければ満足する・・とか。

ウィキにも書いてあるように「P.T.」の怖さのルーツは和風ホラーですが、西洋人は和製的なホラー表現に慣れていないようで、かなりビビってくれます。私もこういう怖さ大好きです。

それでは、「Allison Road」のゲーム動画を見てみましょう、⇩⇩

 最後のびっくりに注意です。

www.youtube.com

 グラフィックの完成度の高さが伺えます。最後の這ってからのワープダッシュするところがなかなか呪怨で、ちゃんと日本のホラーを勉強している感じがします。

壁から血が垂れる演出はもはや西洋ホラーのお約束ですが。。

ストーリーは、謎の屋敷で目覚めた主人公がわけのわからないまま、自分の状況把握やや家族の行方を捜すという設定ですが、屋敷内をうろうろしていると血まみれの幽霊リリーちゃん⇩に襲われたりします。このストーリーも完全に「P.T.」へのオマージュですね。

f:id:themidnighthorrorgamer:20170312230906p:plain

タイトル画像にもいますが、こちらがリリーちゃん。若干エロい

f:id:themidnighthorrorgamer:20170312233744j:plain

どういういきさつで幽霊になったのか、とても気になるリリーちゃんです。

 

ちょっと「P.T.」と比べてみましょう。こちら⇩は「P.T.」の画像です。

f:id:themidnighthorrorgamer:20170312231041p:plain

こちら「P.T.」のおばちゃん、リリーちゃんの方がかわいいですね。

f:id:themidnighthorrorgamer:20170312233952j:plain

☝画像からだと、得体のしれない生理的な嫌さは「P.T.」の方が上かもしれません。さすがです。

「P.T.」の話が多くなってしまいましたが、とにかく「Allison Road」は「P.T.」無くしては語れないゲームなのです。

開発陣はイギリス人なので、どこまで日本人が作ったいやぁ~な感じを理解して再現できるのか気になるところです。

ただイギリスはスプラッタ好きなアメリカと違い怨念の歴史が深く、霧も多く、ロンドン塔といったガチの怨霊心霊スポットを有している国ですので、日本的なホラーとは共通点もあり、和製ホラーは理解できるはずです。

そういう意味で、本家「P.T.」を超えるゲームになることを期待しております。

発売日は2017年中ということですが要するに未定です。

 

もう待てないという人は、似たようなコンセプトで今月の8月15日発売予定の「パラノーマルアクティビティーVR」を見てみるといいかもしれません。

 

 

 

続報があればお知らせいたします。

 

今のところの独断評価

これまでの情報を総合した独断と偏見による評価です。

(100点で満点です。未発売のゲームに関しては、情報が入り次第評価はころころ変わるので、あてにはしないでください。)

ホラー環境     87

ホラー音環境    80

ホラー要素     90

びっくり度     93

ストーリーの怖さ  72

キャラホラー度   84

ホラー演出     82

ゴア度       78

(未発売ゲームなので、あくまで期待値です)