深夜のPSVRホラーゲーマー

趣味でPSVRのホラーゲーム紹介 VRホラーが怖くて遊べない人のための実況等をします。 更新はツイッターで告知しますのでフォローしていただくといろいろ楽です。

神秘的な悪夢空間を彷徨う PSVR "Soul Dimension"「ソウル ディメンション」(魂の次元)エピソード0 紹介と実況

f:id:themidnighthorrorgamer:20170824163502j:plain

 

先日、米国および香港ストアで発売されたPSVR専用タイトル"Soul Dimension"「ソウル・ディメンション」です。

事故で亡くなった娘の記憶の欠片を夢の世界で集めて、事件の真相を解明する感じのゲームのようです。

制作は中国のメーカーですが、グラフィックの質がかなり良くて驚きました。単純に比べても、パラノーマル・アクティビティーVRより画質は全然いいですね。

 

一応微々たる謎解き要素もありますが、内容としてはベローズのような、一本道のお化け屋敷を体験する感じになっています。

良質なグラフィックの他、こういうゲームにありがちな声優のセリフ棒読みもありません。プレイ時間は早くて15分、遅くとも1時間と短いながらも、完成度は非常に高い作品だと思います。

今の所、エピソード0しかないですが、値段は米国ストアで5ドルなので、まぁ気にならない出費です。

ということでエピソード0、初見プレイ実況動画をアップしました↓ 

雰囲気ホラーなので、あまり怖くはないです。

 

youtu.be

怖くはないですが、グラフィックの奇麗さと相まって、神秘的で不気味な感じが素敵だと思います。ラストは予想外で少し慌てました。

 

んで、エピソード1以降の発売は当然のように未定です。

あのモータルブリッツベローズもそうですが、この手のVRゲームは先に序章を出しておいて、人気が出れば続きを出すスタイルだと思うのですが、今の所こういうVRゲームで続章が出た例はないので、全く期待せずに待ちましょう。

 

中国のメーカーですらこのような良質なVRの意欲作を出して経験を積んでいるので、日本のメーカーにも頑張ってほしいところです。

そういう意味で日本が誇るVR意欲作「カイジの鉄骨渡りVR」はいろいろ叩かれそうですけど、応援したくなります!

「チャリ走VR」はとんでもなかったですが・・

 

独断評価

遊んでからの独断と偏見による評価です。

(100点で満点です。あてにはしないでください。)

怖さ         C-

ホラー環境     80

ホラー音環境    74

ホラー要素     60

びっくり度     57

トーリーの怖さ  60

キャラホラー度   20

ホラー演出     30

ゴア度       3

没入感         78

酔いやすさ                 28