深夜のPSVRホラーゲーマー

PSVR適合者及びホラー狂信者です。PSVRのホラーゲーム紹介とVRホラーが怖くて遊べない方の為にゲーム実況等をします。 より怖いVRホラーゲームが発売されるよう、VRホラーを盛り上げて、ホラー製作者に更に怖いものを作ってもらうのが目的のページです。

【PSVR】PSカメラ、PSMOVE、AIMコントローラーの位置や調整、理想的な設定を考える

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205173540p:plain

VRゲームはその性質上、モーション/ハンドコントローラーの使用が標準と考えたほうが普通です。でも、たまにPS MOVE専用のゲームが出ると、大抵バッシングされます。

もちろんPS MOVE自体、改善すべき点が多々あるのは認めますが、ネットを見ると、PSカメラやPS MOVEのセットアップが甘いせいでゲームがまともに遊べていないという方が多く見られます。

そのため無実なゲーム達をクソゲー呼ばりしたり、それだけで低評価を与える方が多くて、とても悲しいです。

それと、一部のVRに酔う方はひょっとして設定が上手くできていない為に酔いを発症している可能性もあるので、PSVRにおけるPSカメラやMOVEの設定等を解説します。

通常コントローラーを否定するわけではないですが、VRで本当の没入感を得るためには両手モーションコントローラーは必須です。実際に遊んでみると一目瞭然です。でもMOVEコントローラーが嫌いな人が多いのはよく承知しております。

個人的な考え、バイオ7は素晴らしいVR作品でしたが、もしMOVEコントローラー対応だったら没入感3倍でさらなる神ゲーになっていたことでしょう。ただマイナーなMOVEを採用すると諸々採算や開発/デバッグ期間が合わないので、しょうがないですね。 

知っておくべきこと

決まった最適な設定は存在しない

PSVR最適な設定はゲームによるので、PSカメラの位置は固定せず、柔軟に変更できるようにしておきましょう。カメラの位置はゲームごとにいちいち変えなければならないということです。

そもそもVRのような未発展の先端技術で遊ぶには当然ユーザーからの柔軟な対応が必要なので、几帳面な方には厳しいかもしれませんが、固定概念をもう一度捨てましょう。

あと、理解していない方が多いので、あえて言いますが、

モーションコントローラーの光がカメラの枠から出ると、当然位置が認識されなくなります。

操作ができない~、という方は基本これです。

 

キャリブレーション

PSVRにおいては現在の位置を再度割り出し、VRの位置調整を行うことです。

*ほとんどのゲームではオプションボタン長押しによって、現在の位置と向きを中心としたキャリブレーションが行われます。おかしいなと思ったらすぐキャリブレーションを行う癖をつけるといいでしょう。

キャリブレーションは真っ直ぐカメラを向いた状態で行うことをおすすめします。

MOVE使用時

ゲームによりますが、なるべく手を横か前に伸ばしきった状態でキャリブレートするといいです。

f:id:themidnighthorrorgamer:20181204165541p:plainf:id:themidnighthorrorgamer:20181205134955p:plain

シューコン使用時

銃を前に構えた状態で行うと良いです。理想としては照準を構えた状態の時に一番精度が高いポジションにいることなので、照準を覗き込んだ状態でキャリブレートするといいでしょう。でもHMDからのライトを塞がないように注意しましょう。 

逆光に注意

PSVRHMD本体及び各コントローラーは、コントローラーからの光をPSカメラが感知して位置が割り出されます。そのため背景に光源があると、コントローラーの位置が正常に認識されないことがあります。また、背景に光源がなくても、反射の光で影響が出る事もあるので、反射するものはすべて取り除いたほうがいいでしょう。

でも最悪夜間電気を消して暗闇で遊べば問題なしです。

正直テレビは邪魔

通常、ゲームで遊ぶときはテレビを前にして遊ぶので、VRでもテレビの前で遊びますが、ご存知のようにVRHMDでプレイするのでTV等のモニターは必要ないことが多く、HMDをかぶってモニターに向くという行為はかなり意味がありません。

そう考えるとVRはテレビを意識せずにセットアップしたほうが、快適なVR環境が構築しやすくなります。

立ちながら遊ぶ探索系VRゲームなどのセットアップでは特に有効です。 

psvr-horror.hateblo.jp

各セットアップ留意点 

PS CAMERA

カメラの位置、公式ではテレビの下前が最適と説明されておりますが、そんなのはゲームによって変わります。各VRゲームのタイプ別にカメラの置き位置を解説しましょう。その前に、カメラポジション足して可能な構成を紹介します。

カメラの置き位置
正面テレビ下部

公式における標準的な位置です。椅子に座った姿勢でのプレイに適しています。

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162329p:plain

正面テレビ上部

テレビの上部にカメラを引っ掛けた位置。主に立った姿勢にも対応したポジション。MOVEやシューコン使用時はこちら。

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162336p:plain

 

斜め上見下ろし型

かなり高めの位置から、見下ろすような配置。

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162423p:plain

立った姿勢に特化したポジション。メリットは全身を映しやすいこと。床に落ちているものから、棚の上にあるものまで手が届くので、ルームスケール的な探索系ゲーム向けです。

以下↓のようなタブレットスタンドがあるとカメラポジション設定が楽です。

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205130433j:plain

先っちょでカメラを挟んで固定できるスグレモノ。

これを使って、カメラを立てることが出来ます。

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205130426j:plain f:id:themidnighthorrorgamer:20181205130417j:plain

写真は例ですが、これを利用して高い位置にカメラを設置することが可能です。

 

以下↓の記事に高い位置でのカメラ設定の詳細がございます。 

psvr-horror.hateblo.jp

カメラまでの距離 

共通事項としては、1メートル以上距離を空けたほうが良い気がします。近すぎるとカメラから見るコントローラーの動きが激しすぎて精度が落ちます。

正直コントローラー等の光がちゃんと映ることが優先なので、後の距離はそれに合わせる感じでいいです。

当たり前ですが、コントローラーを目一杯上下左右に伸ばして、ほぼカメラの枠ギリギリになるぐらいが理想です。

これさえ理解していれば、各ゲーム内のVR設定にも対処可能となるでしょう。

PS MOVEコントローラー

従来からのゲーマーほど、新しい形式のコントローラーに対して抵抗があるものです。最初はとっつきにくいと思いますが、慣れればセットアップも簡単になります。

共通するポイントとしては、左右に目一杯腕を広げてもMOVEの光が画面内に収まるようにする。要するにMOVEの光が常にカメラに収まるように配置するということです。

上部空間に関しては頭一つ分ぐらいの余裕があればいいです。下に関しては大抵のゲームは臀部程度まで映ればいいですが、ゲームのよってはしゃがんで物を拾う必要があるので、足元まで映る必要があったりします。 

座りながら遊ぶMOVEゲーム

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162329p:plain

ライド系VRゲーム

プレイヤーが椅子などに座った状態でのプレイを想定したゲーム。日本の家庭事情に一番適したゲームなので、PSVRではこのタイプのVRゲームが一番多いです。

最適なカメラの位置はテレビ下です。

カメラまでの最適な距離は、コントローラーを上下左右に動かしてもカメラの視界から外れない程度の、手を目一杯伸ばしてギリギリカメラの外枠になるぐらいの距離が理想です。 

見下ろし型VRゲーム

戦略タイプのVRゲームは大体座ってて遊ぶようにできていますが、場合によってはズームアウトの為にとっさに立つことがあります。

最適なカメラの位置はテレビ下です。 

上と同様、カメラまでの最適な距離は、コントローラーを上下左右に動かしてもカメラの視界から外れない程度の、手を目一杯前後左右に伸ばしてぎりぎりカメラの外枠に届く程度の距離が理想です。 

立ちながらでも遊べるMOVEゲームの例

PSVRにおけるルームスケールとは

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162651p:plain

ざっくりいうと、センサーを部屋の4角にい設置することによってプレイヤーの位置を正確に検知し、プレイヤーがある程度自由にリアルな空間で動けることがいわゆるルームスケールです。多くのPSVRゲームはプレイヤーは椅子に固定なので、ルームスケールではないゲームが多いですが、VRの没入感を最大限に得るためには必須です。

PSVRではカメラを使用して一方向から撮しているので、広いルームスケールは達成できないのですが、ちゃんと設定さえすれば狭い範囲でのルームスケールは可能で、多くのゲームの没入感を飛躍的に高めることが出来ます。 

探索系VRゲーム

MOVEを使った探索モノは上と足元に手が届くようにするといいです。

探索系VRゲームはPCVRからの移植が多いため、立って遊ぶことを想定したルームスケールのゲームが多いですが、PSVR移植の際に、座りながらのプレイにもある程度対応しています。例えば、大抵の探索ゲームはボタン押しによるしゃがみが実装されていますので、あえて立ちながらプレイする必要はないですが、没入感的にはボタンよりも生身でしゃがみたいところです。 

体育系VRゲーム

もちろん立ちながら遊びます。

激しい移動と姿勢移動を伴うので、激しく動いても体がカメラに収まるよう、空間に余裕をもたせる必要があります。周りの家具やコードなどにも細心の注意を図りましょう。

f:id:themidnighthorrorgamer:20181204155526p:plain 

PS AIM Controller (シューコン)

ゲームによりますが、シューコンを使うゲームは銃身を振り回して真下や真後ろにも対応しないといけないゲームが多いので、立ちながらのプレイが適しているでしょう。またシューコンを使ったゲームは屈伸運動で避ける等行ったケースも多いので、やはり立ちながらで遊ぶほうが有利でしょう。

仕組みから想像するに、カメラの位置は銃口の正面にあるときが一番精度が高そうな気がします。立ちながら遊ぶということは、カメラはテレビの上部かそれ以上の位置がいいと思います。

つまり銃口は構えた時に画面の中央になる感じが理想です。

シューコンの左右ズレ対策

個人的な経験で、解決策ではないですが、プレイヤーがPSカメラの画面端にいると顕著にずれてくるのを確認していますので、プレイヤーが常にPSカメラの画面のど真ん中にいるようにすると、長時間遊んだときの左右のズレが少なくなります。

ただ、動き回るゲームなので、いちいちHMD外を覗く必要があり面倒です。

 

ゲームごとの設定

それでは以上の点に注意しながら、各人気PSVRゲームでの設定を考えましょう。(随時更新)

 

Firewall Zero Hour

シューコンを使ったVR界では大人気のFPS

操作:シューコン

お勧め姿勢:立ち

カメラ位置:画面上部の高さ

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162336p:plain

キャリブレーション:シューこんの照準を覗き込んだ状態で行う。

斜め上45度で照準を覗いた状態でも、シューコンの先にある光が画面に入ればよし。もちろん左右も。

ボタンでしゃがむことももちろん可能ですがが、とっさに生身でしゃがむ事もあるので、膝下ぐらいまではカメラに枠に収まりたいところです。

シューコンのズレ対策は上のシューコンの項目へ  

Doom VFR

名作FPSVRゲーム

お勧め操作:シューコン

お勧め姿勢:立ち

カメラ位置:画面上部の高さ

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162336p:plain

キャリブレーション:シューこんの照準を覗き込んだ状態で行う。

斜め上45度で照準を覗いた状態でも、シューコンの先にある光が画面に入ればよし。もちろん左右も。

ボタンでしゃがむことももちろん可能ですがが、とっさに生身でしゃがむ事もあるので、膝下ぐらいまではカメラに枠に収まりたいところです。

シューコンのズレ対策は上のシューコンの項目へ   

Paranormal activity

ホラーPSVRゲームの定番

お勧め操作:MOVE モーションコントローラー

お勧め姿勢:立ち

カメラ位置:斜め上見下ろし

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162423p:plain

キャリブレーション:MOVEを双方前方または左右に突き出した状態で行う

一応しゃがみボタンがあるが、このゲームは生身でしゃがんだほうが楽なので、全身が映るこの構成が一番楽しめます。 

The Exorcist Legion VR

ホラーPSVRゲームの定番

お勧め操作:MOVE モーションコントローラー

お勧め姿勢:立ち

カメラ位置:斜め上見下ろし

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162423p:plain

キャリブレーション:MOVEを左右に広げた状態で行う

大体エクソシストVRと一緒。 

Skyrim VR

PSVRRPGの定番

お勧め操作:MOVE モーションコントローラー

姿勢:立ち

カメラ位置:斜め上見下ろし

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162423p:plain

キャリブレーション:MOVEを左右に広げた状態で行う 

Until down: Rush of Blood

ホラーPSVR射撃ゲームの定番

お勧め操作:MOVE モーションコントローラー

必須姿勢:座り

カメラ位置:画面下

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162329p:plain

キャリブレーション:MOVEを双方前方に突き出した状態で行う 

Creed: Rise to Glory

本格VRボクシング

操作:MOVE モーションコントローラー

姿勢:立ち

カメラ位置:画面上部

f:id:themidnighthorrorgamer:20181205162336p:plain

キャリブレーション:MOVEを双方前方に突き出した状態で行う 

PSカメラ延長コード

付属のPSカメラのコードは2メートルなので、思ったほど自由に置けないのが現状です。しかも規格が特殊でUSBなどにも非対応なくせに公式でケーブルは売っていません。

検索した結果、この延長ケーブルを作っているメーカーがいくつかありました。

このケーブルを延長によって立ちプレイと座りプレイに柔軟に対応できる環境が整ったと言えましょう。

しかし筆者がeBayでかった延長コードは映像はいいのですが、マイク機能が死んでいた不良品でしたので、ネット購入は皆さん注意が必要です。